有料会員限定

医師の国際比較 これだけ違う医師の働き方

印刷
A
A

日本の医師はどんな環境に置かれているのか。データに基づく国際比較から見える給与や勤務の実態。

日本の医師を取り巻く環境が恵まれているか、そうでないかを判断することは難しい。働く時間の長さや責任の重さをどう評価するのか、絶対的な基準がないからだ。そこで、先進諸国の医師が置かれている環境と比較することにより、日本の医師の現状を明らかにしよう。

一般的に医師は高給というイメージがある。実際、医師(勤務医)の年間平均賃金は1154万円(2014年、厚生労働省)と、一般労働者の2.4倍に相当する。

だが、海外の医師と比較するとどうだろうか。多少古い資料になるが、医師の賃金が一般労働者平均の何倍に当たるかについて、OECD(経済協力開発機構)ヘルスワーキングペーパー(08年)が報告している。

これを04年の日本における賃金構造基本統計調査と比較したのが図表1だ。日本では一般医(総合医)と専門医に関して厳密な区別はないが、海外では両者は明確に分かれており、賃金にも大きな差が認められる。一般労働者と比べた一般医の賃金は、米国の3.4倍を筆頭に、日本よりも軒並み高い。専門医ではその傾向はより顕著であり、賃金の面では日本の医師の勤務環境は、先進諸外国と比べてよいとはいえない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内