有料会員限定

原油は20ドル台突入も サウジが仕掛けたチキンレース

印刷
A
A

原油安が止まらない。2014年前半に1バレル=100ドルを超えていた価格はわずか半年で5割安に。米国シェール企業が破綻し、ロシア国債はジャンク債扱い。日本の商社も1000億円単位の損失を計上するなど、不吉なムードが漂い始めた。原油安をめぐる経済最前線を追った。

(本誌:中島順一郎、秦 卓弥、山内哲夫、島 大輔、渡辺清治、山田徹也)

サウジが仕掛けたチキンレース

原油は20ドル台突入も

丸紅が油ガス事業で950億円の減損損失、東燃ゼネラル石油865億円、昭和シェル石油500億円の在庫評価損……。

石油関連企業に激震が走っている。原油価格の暴落で巨額の損失を計上、業績見通しの下方修正が相次いでいるのだ。2月3日は出光興産、4日は三菱商事、三井物産、JXホールディングスなどが決算を発表する。だが、軒並み厳しい数字になることは必至。中でも、高値のときに仕入れた在庫を抱えるJXなど石油元売り5社は、赤字転落が避けられない見通しだ。

わずか半年で5割以下。原油価格の代表的指標であるWTI原油の先物は、昨年6月には1バレル=100ドルを超えていた。それがジリジリと値を下げ、7月末に100ドルを割り込むと一気に急降下。1月28日時点で44.45ドルに落ち込み、リーマンショック後の最安値33.87ドルに接近している。

[図表1]
拡大する

特集「世界大激震 原油安ショック」の他の記事を読む

シェール革命に異変 開発企業が経営破綻

1月7日、米国発のニュースが世界中を駆け巡った。テキサス州のシェールオイル・ガス開発会社、WBHエナジーが米連邦破産法11条適用を申請、経営破綻したのだ。シェールオイル開発企業では初の破綻とされ、負債額は約60億円。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内