有料会員限定

40億人が日本を待っている アジアとの一体化こそ活路

印刷
A
A

インドネシアの首都、ジャカルタ郊外の発電所。制御室にある設備を子細に見ると、ほとんどが日本製だった。屋外の掘削機も大手建機メーカーのコマツの製品だ。

デジタル家電はかつてソニー、パナソニック、シャープといった日本メーカーの独壇場だった。だが現在そのほとんどが韓国製か米国製になっているのは、誰もが認めるところである。とはいえ、そうした電化製品だって工場の心臓部には日本製の技術が使われていることだろう。

1970年代から80年代にかけて日本を代表する存在だった企業の中には、今や見る影もないものもある。だが、かつてもてはやされたコンパック、パンナム、コダックといった米国企業も同じだ。こうした企業の浮き沈みは避けようがない。

それでも日本にはまだ、海外での知名度が低い「隠れたトップ企業」が数多く存在する。東レ、信越化学工業、堀場製作所、HOYA、ニチコン、日本電産、ファナックなど、枚挙にいとまがない。これら企業のほとんどは業界の支配的地位をほしいままにし、高い競争力を維持している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内