有料会員限定

米国が構造改革を求める真意 日本敵視、軽視、無視…すべて誤解だ

印刷
A
A

ジャパンバッシング(敵視)からパッシング(軽視)、ついにはナッシング(無視)へ──。米国の日本に対する態度の変遷を、大方の日本人はこのようにとらえているようだ。ただ、今も昔もこうした理解は正確ではない。確かにこの30年で米国における日本観は変化したが、その中身は複雑だ。

元駐日米国大使のマイク・マンスフィールドは30年前、「米日関係は世界で最も重要な、比類なき2国間関係だ」と語った。今日、そう考える米国人はまずいない。それどころか、米国の専門家の多くは、米中関係が最も今後を左右すると考えている。しかし中国の先行きには不確かな部分が多く、米国にとっては日本との協力関係を強めることが今まで以上に重要になっている。

日本がアジア太平洋地域の貿易、投資、安全保障関係において、重要かつ健全な役割を担えば、中国は秩序の攪乱要因ではなく「責任ある利害関係者」として国際社会の仲間入りを果たす可能性が高くなる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内