日本の大手ガス会社の財務安定性は電力会社以上、環境負荷の低いLNGの需要拡大など成長余地も《ムーディーズの業界分析》


 ムーディーズが格付けを付与している電力会社9社と比較すると、東京ガスの財務指標のほうが勝っており、特に有利子負債の水準が電力会社と比べて低い。これにより東京ガスの格付けは、電力会社と比較して1ノッチ高くなっている。

東京ガスのガス事業の収益とキャッシュフローは、費用と投資の回収可能性の高い制度にも支えられて、安定性と予見性が高い。東京ガスの財務の健全性は、規制公益事業者の中では高いといえる。10年3月末ベースの同社の有利子負債対キャピタリゼーション比率は44.6%、キャッシュフロー・インタレスト・カバレッジは18.5倍であった。現在の事業投資、配当および自社株取得の方針などから見て、同社は現在の財務の健全性を今後も維持していくと思われる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT