日本の大手ガス会社の財務安定性は電力会社以上、環境負荷の低いLNGの需要拡大など成長余地も《ムーディーズの業界分析》


 ムーディーズが格付けを付与している電力会社9社と比較すると、東京ガスの財務指標のほうが勝っており、特に有利子負債の水準が電力会社と比べて低い。これにより東京ガスの格付けは、電力会社と比較して1ノッチ高くなっている。

東京ガスのガス事業の収益とキャッシュフローは、費用と投資の回収可能性の高い制度にも支えられて、安定性と予見性が高い。東京ガスの財務の健全性は、規制公益事業者の中では高いといえる。10年3月末ベースの同社の有利子負債対キャピタリゼーション比率は44.6%、キャッシュフロー・インタレスト・カバレッジは18.5倍であった。現在の事業投資、配当および自社株取得の方針などから見て、同社は現在の財務の健全性を今後も維持していくと思われる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。