外国語の壁は理系思考で壊す 杉本大一郎著

外国語の壁は理系思考で壊す 杉本大一郎著

日本人は英語の学習に膨大な時間と労力をかけているにもかかわらず、なかなか自由に使えるようにならない。なぜか。著者は学校で習うやり方が効果的とは限らないと指摘し、現実を直視せよと主張する。曰(いわ)く、発音や文法がおかしくても通用する英語はある。外国語習得は目的ではなく手段であると考えれば、いわゆる「英語の教え方」とは異なるアプローチがあるのではないか、と。

言葉は音ではなく意味と内容で伝わる。大切なのは発音よりも語彙と論理構成だ。語彙は外国語の造語法を知れば芋づる式に増える。宇宙物理学者が自身の経験を基に、科学的思考で言語そのものを理解する新しい外国語習得方法を提唱する。

集英社新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT