外国語の壁は理系思考で壊す 杉本大一郎著

外国語の壁は理系思考で壊す 杉本大一郎著

日本人は英語の学習に膨大な時間と労力をかけているにもかかわらず、なかなか自由に使えるようにならない。なぜか。著者は学校で習うやり方が効果的とは限らないと指摘し、現実を直視せよと主張する。曰(いわ)く、発音や文法がおかしくても通用する英語はある。外国語習得は目的ではなく手段であると考えれば、いわゆる「英語の教え方」とは異なるアプローチがあるのではないか、と。

言葉は音ではなく意味と内容で伝わる。大切なのは発音よりも語彙と論理構成だ。語彙は外国語の造語法を知れば芋づる式に増える。宇宙物理学者が自身の経験を基に、科学的思考で言語そのものを理解する新しい外国語習得方法を提唱する。

集英社新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。