レクサス「LF-C2」、鮮烈デザインに熱視線

<動画>LAオートショー・プレスデー速報

提供:ロイター(音量にご注意ください)

11月19日は、「2014年ロサンゼルス(LA)オートショー」のプレスデー初日だった。21~30日の一般公開を前に、各メーカーが米国市場向けの新しいコンセプトカーを明らかにした。

このLAオートショーはデトロイト、ニューヨークと並ぶ米国3大モーターショーのひとつ。今年は、自動車業界にとって、年内最後の大規模な展示会に位置づけられているだけに、各社から数多くの新車、コンセプトカーが発表された。この日にとくに注目を集めていたのは各社の高級車だった。

動画では、冒頭にレクサスの高級コンバーチブルのコンセプトカー「LF-C2」 が登場。外観だけでなく、内装も紹介されている。続いて、GMの「キャデラック」ブランドからは「ATS-V」(42秒~)、超高級車といえる「メルセデス-マイバッハ S600」(1分34秒~)、BMWのスポーツカー「i8」(2分18秒~)などが紹介されている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。