異形の日本人 上原善広著

異形の日本人 上原善広著

本書に描かれる6人の日本人は皆、社会の片隅で懸命に生きるマイノリティである。

アスリートでありながらたばこを吸い、徹夜の二日酔いで競技に出ても見事優勝してしまう、破天荒なやり投げ選手。難病を患いながらも、わいせつ裁判を闘い抜き短い命を散らした脊髄性筋萎縮症の女性。あるいは、特殊な火薬を使って股から炎を吹き上げるという誰もまねのできない荒技で各地を転々とするストリッパー……。

大宅賞を受賞した著者がマイノリティにこだわるのは、自身が被差別部落出身であることと無関係ではあるまい。虐げられ差別や偏見と闘いながら生きる彼らの姿と、彼らを排除する社会のあり方から、人間の本質を突く。

新潮新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT