異形の日本人 上原善広著

異形の日本人 上原善広著

本書に描かれる6人の日本人は皆、社会の片隅で懸命に生きるマイノリティである。

アスリートでありながらたばこを吸い、徹夜の二日酔いで競技に出ても見事優勝してしまう、破天荒なやり投げ選手。難病を患いながらも、わいせつ裁判を闘い抜き短い命を散らした脊髄性筋萎縮症の女性。あるいは、特殊な火薬を使って股から炎を吹き上げるという誰もまねのできない荒技で各地を転々とするストリッパー……。

大宅賞を受賞した著者がマイノリティにこだわるのは、自身が被差別部落出身であることと無関係ではあるまい。虐げられ差別や偏見と闘いながら生きる彼らの姿と、彼らを排除する社会のあり方から、人間の本質を突く。

新潮新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。