アルバイト平均時給は10カ月連続で上昇--エリア別では東海の改善が顕著

アルバイト平均時給は10カ月連続で上昇--エリア別では東海の改善が顕著

人材ビジネスのインテリジェンスが 2010年9月のアルバイト平均時給について発表した。それによると、10年9月の全国平均時給は985円で、前年同月比では15円の増額となった。対前年増加率は1.5%と10カ月連続で前年同月を上回っている。

エリア別平均時給は、関東エリアが1045円と最も高く、東海エリア(978円)、関西エリア(973円)、九州エリア(826円)、北海道エリア(820円)と続く。

対前年増加率は、関西がマイナス1.0%となったが、その他4エリアはプラスとなった。特に東海は8カ月連続で対前年プラスと、改善傾向が続いている。

「東海は08年9月から10年1月まで、17カ月連続の前年割れが続いたが、製造業の生産量の回復に伴い、製造ラインスタッフの求人を再開する企業が多い。この採用ニーズの上昇が時給の回復につながっている」(SA営業統括部マネジャー 大村 智一氏)

職種別では、「専門職系」が1206円と最も高く、「事務系」(1019円)、「運輸職系」(1014円)、「サービス系」(998円)、「技能・労務系」(946円)、「販売系」(937円)、「フード系」(918円)と続く。

対前年増加率は、「技能・労務系」が10カ月、「販売系」が9カ月、「事務系」が8カ月連続の前年比プラスの一方、「サービス系」は7カ月連続でマイナスが続いている。

販売系の時給上昇について、大村マネージャーは次のようにコメントする。「家電エコポイント制度導入で、薄型テレビやエアコンなど大型家電の購入客に対応するため、家電販売店各社が売り場人員を増加させている。この求人増加に伴う時給の引き上げが、販売系全体の時給を押し上げている。エコポイントに対応した人材採用は10月でひと段落するが、大型家電、白物家電だけでなく、美容家電、調理家電など小型家電の販売強化のため人員を厚くする販売店もあり、年末商戦に向け足元の採用意欲は強い」
(東洋経済HRオンライン編集長:田宮寛之)

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT