デフレとの闘い 日銀副総裁の1800日 岩田一政著 ~当初からデフレ均衡の近傍にあると認識


 興味深い点は、日本経済はデフレ均衡の近傍にあると、著者が当初から認識していた点である。もし、デフレ均衡にあるのなら、インフレ率がプラスとなっても、それは一時的かもしれず、次の不況を待って見極める必要がある。07年2月の第2次利上げの際、副総裁の立場でありながら、唯一の反対票を投じたのは、そうした認識も影響していたのかもしれない。

また、デフレ均衡は永続的な均衡ではないため、公的債務の膨張と超低金利政策が継続されれば、政府の予算制約からいずれインフレが生じ、デフレからの脱却が可能だと論じる。理論的にはそのとおりであるが、その際、経済の振幅は相当に激しいものとならないだろうか。インフレの発散を回避するため、日銀のインフレ目標が機能すると主張するが、インフレ発散は財政膨張にも原因があるため、政府の財政健全化策も必要なのではないか、ぜひその点も聞きたいところである。

いわた・かずまさ
日本経済研究センター理事長、東大名誉教授。1946年生まれ。東大教養学部卒業。経済企画庁、西ドイツ世界経済研究所、OECD、東大、内閣府などを経て、2003~08年日本銀行副総裁、09年まで経済財政諮問会議委員。前内閣府経済社会総合研究所長。

日本経済新聞出版社 3150円 433ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT