ウェブで学ぶ─オープンエデュケーションと知の革命 梅田望夫、飯吉透著

ウェブで学ぶ─オープンエデュケーションと知の革命 梅田望夫、飯吉透著

オープンエデュケーションとは、「自分の置かれた環境で利用できるものは何でも使って学ぶこと」で、英米を中心に1960~70年代に生まれた概念。当初は学校のカリキュラムを学年や教科、授業時間などにできるかぎり縛られない柔軟性の高いものにして、子どもの主体的な学びを支援しようとするものだった。

インターネットの利用が当たり前になった現在、ウェブに公開された米有名大学の名物講義が世界中でダウンロードされるなど、オープンエデュケーションは革新的な発展を遂げ、一大ムーブメントを引き起こしている。21世紀に「学びと教え」はどのように進化していくのか。グローバルウェブの可能性について2人の専門家が考察する。

ちくま新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自前の物流網を一気に拡大<br>アマゾンジャパンの真意

アマゾンジャパンで物流部門を長年統括するジェフ・ハヤシダ氏へのインタビュー。個人事業主に直接配送を委託する「アマゾンフレックス」の構想は4年前からあり、現在は首都圏中心の6地域ですが、今後3年で全国に広げることが明かされました。