ウェブで学ぶ─オープンエデュケーションと知の革命 梅田望夫、飯吉透著

ウェブで学ぶ─オープンエデュケーションと知の革命 梅田望夫、飯吉透著

オープンエデュケーションとは、「自分の置かれた環境で利用できるものは何でも使って学ぶこと」で、英米を中心に1960~70年代に生まれた概念。当初は学校のカリキュラムを学年や教科、授業時間などにできるかぎり縛られない柔軟性の高いものにして、子どもの主体的な学びを支援しようとするものだった。

インターネットの利用が当たり前になった現在、ウェブに公開された米有名大学の名物講義が世界中でダウンロードされるなど、オープンエデュケーションは革新的な発展を遂げ、一大ムーブメントを引き起こしている。21世紀に「学びと教え」はどのように進化していくのか。グローバルウェブの可能性について2人の専門家が考察する。

ちくま新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。