【産業天気図・化学】自動車やデジタル家電市場の調整とともに停滞の可能性。1年終始「曇り」へ後退

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

足元で「晴れ」渡っている化学業界の景況感は、2010年10月からは1年通じて「曇り」に後退する見通し。09年春以後続いてきた世界経済の回復が停滞しつつあり、これまで好調に推移してきた自動車やデジタル家電などの主要な需要市場とともに、化学メーカーが供給する各種部材の生産・出荷が調整局面を迎える可能性がある。

「会社四季報」(10年秋号、9月13日発売)における化学セクター162社の今11年3月期業績予想は、売上高が前期比12.4%増(夏号は同11.6%増)、営業利益は同66.6%増(同47.2%増)と増収増益幅が夏号比で拡大する見通しだ。
 
 各種部材の販売数量増や市況の改善に加え、前10年3月期に続き設備投資の抑制による減価償却費の減少や各種の生産合理化などによるコスト削減などが利益拡大に寄与、主要通貨に対する円高などのマイナス要因をカバーするとの見方は従来と変わりがない。

四季報夏号と比較して今期の増収増益幅が拡大するのは、主要化学メーカーが第1四半期(10年4~6月期)に想定超の好調なスタートを切ったためだ。会社側の上方修正も相次いだ。期初から今期業績予想を公表している売り上げ上位10社(期初は予想非開示だった信越化学工業、12月期決算の昭和電工は含まない)でみると、5社が期初における今上期(10年4~9月)もしくは通期の会社予想を上方修正した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT