街場のメディア論 内田樹著

街場のメディア論 内田樹著

著者は最近、出版バブルに警鐘を鳴らすために自著の出版を「塩漬け」にしたことで話題となった仏文学者。本書にもそのことにつながる現代メディアの危機的状況が論じられている。新聞部数の激減、出版不況、テレビの視聴率低下などの原因として、ジャーナリズムの劣化を挙げる。

たとえば、出版に関する言説では、版元が「できるだけ安く、できるだけ口当たりがよく、できるだけ知的負荷が少なく、刺激の多い娯楽を求めている」と読者を見下す態度に原因があると述べる。このまま無内容だとわかっている新刊書を出し続けても、やがてバブルが崩壊するだけ--。メディアのあり方を、経済活動のみに収斂する危険性を憂える。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。