街場のメディア論 内田樹著

街場のメディア論 内田樹著

著者は最近、出版バブルに警鐘を鳴らすために自著の出版を「塩漬け」にしたことで話題となった仏文学者。本書にもそのことにつながる現代メディアの危機的状況が論じられている。新聞部数の激減、出版不況、テレビの視聴率低下などの原因として、ジャーナリズムの劣化を挙げる。

たとえば、出版に関する言説では、版元が「できるだけ安く、できるだけ口当たりがよく、できるだけ知的負荷が少なく、刺激の多い娯楽を求めている」と読者を見下す態度に原因があると述べる。このまま無内容だとわかっている新刊書を出し続けても、やがてバブルが崩壊するだけ--。メディアのあり方を、経済活動のみに収斂する危険性を憂える。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。