大画面iPadの生産、来年初頭に先送り?

当初予定の12月から来年初頭に、WSJ報道

 10月9日、WSJによると、アップルの納入業者らは、大型画面のiPadの生産開始時期を来年初頭に先送りした。写真はアップルのロゴマーク。サラエボで9月撮影(2014年 ロイター/Dado Ruvic)

[9日 ロイター] - 米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、米アップルの納入業者らは、大型画面のタブレット端末「iPad(アイパッド)」の生産開始時期を、当初予定の12月から来年初頭に先送りした。

前月発売の新型携帯電話「iPhone(アイフォーン)6」の生産が需要に追いついていないためという。

アップルは来週16日に新型のiPadを発表するとみられている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT