テレビの大罪 和田秀樹著

テレビの大罪 和田秀樹著

大宅壮一が言った「一億総白痴化」が流行語になったように、テレビの黎明期には「テレビなんか見ているとバカになる」という風潮があった。しかしここ20年くらいで事態は一変し、今やテレビに出ている人が「文化人」であり、「有名イコール一流」だと著者は指摘する。

統計上ではわずかな事例でも話題性が高く“絵”になることが最優先され、ごく特殊な体験が普遍的な事実であるかのように語られる。その不見識は老若男女を死に追いやり、心身の健康を害し、知性を奪い、日本に大きな損失を与えているという。ひとりの父親として、教育者として、高齢者医療にかかわる者として、テレビ的思考の再検証を期して、あえて暴論を吐く。

新潮新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。