FDAファイザーのコロナ経口治療薬緊急使用許可 コロナと闘う新たなツールを提供するもの

拡大
縮小

米食品医薬品局(FDA)は22日、ファイザー製の新型コロナウイルス感染症(COVID19)経口薬「パクスロビド」の緊急使用許可を出したと発表した。新型コロナのパンデミック(世界的大流行)が重大な局面にある中、ハイリスク患者に利便性の高い治療の選択肢が広がる。

自宅療養の新型コロナ患者の治療薬

パクスロビドは自宅療養の新型コロナ患者の治療薬として初めてFDAの許可を受けた。使用許可の対象は新型コロナの症状のある12歳以上で重症化リスクの高い患者。増産されれば、重篤な合併症のリスクの高い患者の入院を回避する手段となり、新型コロナとの闘いで強力な武器になる見通し。

FDA医薬品評価センター(CDER)のパトリツィア・カバゾーニ氏は発表文で、「今回の緊急使用許可は、新たな変異株が出現しているパンデミックの重要な時期にコロナと闘う新たなツールを提供するものだ」と説明した。

バイデン米大統領は緊急使用許可後に声明で、ファイザーの経口薬は「有望な新治療法の選択肢」であり入院や死亡を減らすだろうと述べ、ファイザーによる増産を支援するため必要なら連邦政府が戦時下の権限を発動する方針も示した。

次ページ米政府は11月に1000万回分を53億ドル近くで発注
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT