「伊勢丹流」で衣替え、銀座三越改装の成算

「伊勢丹流」で衣替え、銀座三越改装の成算

最悪期は脱したものの、依然本格回復は程遠い百貨店業界。厳しさが続く中、注目の銀座三越が9月11日、増床オープンする。

7月22日に会見した三越伊勢丹ホールディングスの石塚邦雄社長は、「2008年の三越と伊勢丹の経営統合後、真価が問われる初の大型開発プロジェクト。百貨店業態の役割が終わったのではとされる中で、一つの答えを出していく」と、力強く語った。

今回の改装では、本館(西側)と新館(東館)を一体化、売り場面積を2.3万平方メートルから3.6万平方メートルに拡大する。増床後1年間の売り上げ目標は09年度比約5割増の630億円。隣接する松屋(売り場面積3.2万平方メートル)の560億円を抜き、一気に地域一番店の座を奪う計画だ。

増床に伴い、大規模リニューアルも実施する。従来1階にあった化粧品売り場を地下1階に、食品売り場を地下2~3階に配置するのはこれまでにないアイデア。特に地下鉄銀座線と直結する地下1階を「第2のグラウンドフロア」と位置づけ、集客力アップにつなげていく考えだ。

一方、商品展開では「伊勢丹流がかなり入った」(業界関係者)とされる。ブランドショップの出店を最小限に抑え、比較購買しやすいアイテム中心に展開。石塚社長は「百貨店はワンストップショッピングに価値がある。移動しやすく、まさに店の中で銀ブラが楽しめるようにする」と、その意図を話す。

 さらに「12の売り場で展開する『銀座スタイル』は店の象徴。練りに練った準備を進めている」(安達辰彦店長)と、テナント任せではない自主編集売り場を強化したのも伊勢丹流だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT