トヨタ株、EVへの投資・販売計画加速を好感し続伸

30年までに30車種展開し年間350万台販売目指す

トヨタ自動車の株価は15日、同社が前日に電気自動車(EV)の販売や投資を加速させる計画を発表したことを受けて続伸し、一時前日比3.8%高の2122円と10月8日以来、2カ月ぶりの日中上昇率を記録した。

トヨタは14日、2030年までに30車種の電気自動車を展開し、年間350万台の販売台数を目指すと発表。高級車ブランドのレクサスでは35年までに全車種をEV化する目標を掲げた。また、電動化に向けた研究開発や設備投資では30年までに8兆円を投じるとし、そのうち半分をEVに充てるとした。

SMBC日興証券の木下壽英アナリストは14日付のリポートで、トヨタは9月にも電池などに関する説明会を開催していたため、「今回の説明会に対する事前の期待値はそこまで高くなかったと想定される」とし、EV販売台数の上方修正を含む今回の発表はポジティブと評価した。

シティグループ証券の吉田有文アナリストは英文リポートで、350万台のEV販売計画は目を見張るような規模だとし、トヨタ系列の部品メーカーがEV部品のコスト競争力を上げてきたことを示していると指摘。デンソー、豊田自動織機、アイシンの3社にとって朗報となる可能性があるとした。3社の株価も15日、前日比上昇で取引を開始した。

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:稲島剛史

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT