ソロスの講義録 ジョージ・ソロス著/徳川家広訳

ソロスの講義録 ジョージ・ソロス著/徳川家広訳

一代で莫大な資産を築き上げたソロスによる、新しい投資指南書と思うと間違う。「不確実性が異常なまでに高い時代」を読み解く、思考力涵養書と言ったほうがいい。

だが、2008年9月刊行(日本版)の『ソロスは警告する』での「バブル崩壊」、翌年版の「景気の一時的回復」の指摘と同様に、読者の知りたい勘所の未来予測(収録の講義自体は09年秋実施)は外さない。背景説明、理論的な裏づけに軽妙なタッチも加え、極力かみ砕いて示す。

いわく、「回復はじきに息切れし、下手をすると『二番底』が現実のものになる」「ユーロは不完全な通貨……『全ヨーロッパ財務省』は存在しない」「中国は天然資源の産出国とのかかわりにおいて、かつての帝国主義諸国と同じ過ちを犯している」……。

グローバル資本主義、国家資本主義ともに賛同せず、持論の「開かれた社会」の実現へ新研究所を開設するなど挑戦を続ける。

講談社 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT