ソロスの講義録 ジョージ・ソロス著/徳川家広訳

ソロスの講義録 ジョージ・ソロス著/徳川家広訳

一代で莫大な資産を築き上げたソロスによる、新しい投資指南書と思うと間違う。「不確実性が異常なまでに高い時代」を読み解く、思考力涵養書と言ったほうがいい。

だが、2008年9月刊行(日本版)の『ソロスは警告する』での「バブル崩壊」、翌年版の「景気の一時的回復」の指摘と同様に、読者の知りたい勘所の未来予測(収録の講義自体は09年秋実施)は外さない。背景説明、理論的な裏づけに軽妙なタッチも加え、極力かみ砕いて示す。

いわく、「回復はじきに息切れし、下手をすると『二番底』が現実のものになる」「ユーロは不完全な通貨……『全ヨーロッパ財務省』は存在しない」「中国は天然資源の産出国とのかかわりにおいて、かつての帝国主義諸国と同じ過ちを犯している」……。

グローバル資本主義、国家資本主義ともに賛同せず、持論の「開かれた社会」の実現へ新研究所を開設するなど挑戦を続ける。

講談社 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。