CDC5~11歳へのファイザー製ワクチン接種推奨

全米の子供約2800万人が新たに接種対象に加わる

米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は2日、5-11歳の子供へのファイザー製新型コロナウイルスワクチン接種を推奨した。この結果、全米の子供約2800万人が新たに同ワクチンの接種対象に加わる。

これに先立ち、CDCの「予防接種の実施に関する諮問委員会(ACIP)」は、5-11歳の子供へのファイザー製ワクチン接種推奨を全会一致で支持していた。米食品医薬品局(FDA)は先月29日、ファイザー製ワクチンの5-11歳への緊急使用を承認していた。

CDC諮問委、5-11歳へのファイザー製コロナワクチン接種を支持

【新型コロナ】欧州ブースター接種、米国で5-11歳にファイザー製

英グラスゴーを訪問中のバイデン米大統領はこの日、子供への接種の最終承認の動きをコロナ対策の「大きな前進」と歓迎し、低年齢の子供向けワクチンプログラムを今月8日の週から本格的に稼働させるとあらためて約束した。

原題:CDC Gives Final Go-Ahead for Pfizer’s Pediatric Covid Vaccine、Biden Says Shots for Kids Will Be Turning Point in Covid Fight(抜粋)(抜粋)

 

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Fiona Rutherford

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT