日本の花火はなぜ世界一なのか? 泉谷玄作著

日本の花火はなぜ世界一なのか? 泉谷玄作著

欧米の花火は、行事の演出として色鮮やかで派手な単色のものが次々に打ち上げられる。

これに対し、夜空に打ち上げられる日本の花火は、光の筋がさまざまな変化を見せてはやがて静かに闇に消えていく「単発の花火」だ。中でも最も美しいのが「割物(わりもの)」と呼ばれる「菊花型の花火」だと著者はいう。

明治以降、名人と呼ばれた花火師が互いに磨きあった技は現代の職人たちに継承され、さらなる進化を遂げた。今ではわずか6・5秒に6回も色が変わる。

幼時から大曲の花火を見て育ち、30年にわたって全国の花火を撮影し続けてきた花火写真の第一人者が豊富な写真とともに、技術、美しさともに世界一を誇る日本花火の歴史と匠の技を紹介する。

講談社+α新書 1050円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。