日本の医療制度 長坂健二郎著

日本の医療制度 長坂健二郎著

国民皆保険の理想が行き詰まるなか、日本の医療制度の危機を丁寧に分析し、解決への処方箋を提示した体系的論考である。専門書でありながら平易かつ明快で、多くの人に一読を勧めたい。

構成は「日本の医療制度の概要」「現状と問題点」「薬価制度」「欧米の現状」「医療制度改革の提言」からなり、「市場原理の活用と自己責任」という視点は当節、賛否両論ありそうだが、じっくり読み込むと合理性を十分もった提言であることがわかる。

ひたすらコスト抑制を追求する厚労省の硬直した規制や医師会の我意がまかり通り、日本の医療の質と量は極度に低下している。

多彩な現状批判とともに極めて具体的な提言を展開していることが特徴で、セーフティネットの活用により医療弱者の救済を図るとともに、保険財政の抜本改善をも果たそうとするアイデアと工程表は貴重である。医療や医薬の詳細な現状分析に立脚した医療再生構想は説得力十分だ。(純)

東洋経済新報社 3990円

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。