昭和香る「今日から俺は!!」が若者掴んだSNSの技 日テレプロデューサーが明かす綿密な戦略

印刷
A
A

SNS戦略がうまくいったことで、「SNS活用は視聴率や集客に影響したか?」という質問をよく受けます。正直、直結するデータが存在しないので、実際にはわかりません。しかし、公式アカウントのフォロワーが増え、“公式自体がインフルエンサー”になったことで、SNSに何かを投稿すると、即日ネットニュースに上がる循環が生まれました。

こちらで記事を仕込んでいるわけではないので宣伝色も薄く、おのずと露出量も増え、ただただ「連日話題になるドラマ」というイメージが定着していきました。ドラマを見ていない方が「見ないと話題についていけない」と認識してくれるようになった実感はあります。実際、18年のグーグル検索ワードでは、「今日から俺は!!」がドラマで日本一だったそうです。視聴率が右肩上がりになったのは、中身の面白さが前提ですが、このようなSNSの効果も大きかったのだろうと推察されます。

受け手の喜ぶ顔をどれだけ想像できるかが要

ドラマ制作自体もそうなのですが、エンターテインメントは、受け手の喜ぶ顔をどれだけ想像できるかが要だと思います。SNSも同じで、そのドラマの世界観を守りつつ、フォロワーの顔が見えないからこそ、その顔や想いを具体的に想像して、言葉を発することが求められます。

例えば、「今日から俺は!!」の放送中、「面白いけど、娘が喧嘩シーンの血を『ホンモノ?』と怖がっている」という感想をいただいたときは、あえて裏側の「血のりオフショット」を発信して、「血のりだよ~」と安心させたり、「暴力シーンを子どもがマネする」という悩みを見かけたときは、「ツッパリとは暴力をふるうことではなく、不条理な暴力から仲間を守るために立ち向かえる熱い奴らのこと」と発信したりしました。後者はツイッター投稿後、一気に500万インプレッションを超え、宣伝担当から「有料広告に匹敵する効果だ」と言われました。

ネットの普及した現代は、リアルとリアリティが混在しがちだからこそ、フィクションをフィクションたらしめる言及に、安心してくれる方も多いのだと思います。その安心感は、ドラマ自体への信頼にも繋がります。最近では、誹謗中傷ばかりが取り沙汰されるSNSですが、いわゆる炎上とは逆の、そうした手段でも活用できるし、活用していくべきだと思うのです。顔が見えない繋がりだからこそ、“想像力をプラスに働かせる努力”は、これからも惜しまずにやっていきたいです。

今年10月からスタートする土曜ドラマ「二月の勝者」は、生まれたときからSNSがある情報飽和時代を生きる子どもたちを、大人が中学受験を通してどのように導けるかを追求しています。疲弊した世の中の起爆剤になれば、と企画しました。『今日から俺は!!劇場版』に続き、柳楽優弥さんの怪演をご堪能ください……と、宣伝で締めるのは、もはや私の病気かもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT