勝者なきドイツ総選挙、連立交渉に数カ月要す

2大勢力がそれぞれ連立政権樹立に向けて動く

26日投開票のドイツ連邦議会(下院)選は明確な勝者のいない接戦となり、中道左派の社会民主党(SPD)と保守のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の2大勢力が、それぞれ連立政権樹立に向けた次の動きを計画している。

ショルツ財務相のSPDとラシェットCDU党首率いるCDU・CSUはいずれも単独過半数には届かないため、環境保護政党の緑の党と中道の自由民主党(FDP)を取り込んで連立を組む必要があるが、これは複雑な交渉となりそうだ。

ショルツ財務相 

緑の党はSPDと組むほうを好む傾向があるが、FDPのリントナー党首は、保守政党との連立のほうが望ましいと述べてきた。両党は実質的にどの閣僚ポストを望むか指定できる立場にある。

ドイツ総選挙、ショルツ氏SPDがリードも次期政権構成は不透明 

4年前の総選挙では、メルケル首相の4期目最後の政権が発足するまで過去最長の約6カ月を要した。新首相が就任するまではメルケル氏が引き続き現内閣を率いる。

次ページ他の交渉が難航すれば、大連立検討される可能性も
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT