地方の人口流出に仕事「以外」の隠れた本質理由

人口流出、都市部からUターン減にファクターX

調査では次のステップとして、「地域の寛容性を測る指標」を用意した。

例えば【女性の生き方】としては、「女性は家庭や子育てを最優先するべきだと考える人が多い」といった保守的な考え方と「古い考え方に縛られないで自由に生きている女性が多い」といったリベラルな考え方を4つずつ提示し、当てはまる度合いを4段階で評価してもらう。

【女性の生き方】のほか、【家族のあり方】、【若者への信頼】、【少数派の包摂】、【個人主義】、【変化の受容】の6つの項目について「在住者」に調査した。

結果は6つの項目で類似した傾向があり、例えば【家族のあり方】で見ると「親戚関係には何かと気を使わなければいけない」といった保守的な人が多い地域性と感じ、特に女性ほどそれを強く感じている。逆に「子どもの人生にあまり干渉しない親が多い」といったリベラルな人は保守的な人に比べると少なく、特に女性が少ない地域性だと感じている。

(出所)LIFULL HOMEʼS 総研「地⽅創⽣のファクターX~寛容と幸福の地⽅論」

47都道府県寛容性ランキング

この結果を指標化した都道府県別の「寛容性の高さ」の順位を見ると、上位は東京圏が顔を並べる結果となった。

1位:東京都(総合偏差値77.2)
2位:神奈川県(総合偏差値73.2)
3位:⼤阪府(総合偏差値69.5)
4位:千葉県(総合偏差値67.7)
5位:埼⽟県(総合偏差65.4)

43位:青森県(総合偏差値40.2)
44位:山形県(総合偏差値39.8)
45位:富山県(総合偏差値38.8)
46位:秋田県(総合偏差値36.3)
47位:島根県(総合偏差値36.1)

また地⽅圏では、⼈⼝100万⼈以上の⼤都市を擁する道府県が上位を占める形となった。上位下位の顔ぶれを見ると人口規模と関係性が深いように見えるが、途中の順位を見ると沖縄県が9位、高知県が12位に上がり、新潟県が38位になるなど、必ずしも人口規模では説明がつかないものも見られる。

一方、「在住者」が感じる「地域の寛容性」は、「地方出身者」の「Uターン意向」と強い相関関係があり、「在住者」の「離脱意向」とは緩い逆相関があるという。つまり、ファクターXの正体は「地域の寛容性」だと考えられるのだ。

次ページ寛容性とは何か?どうすれば高めることができるのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT