アップルCEO自社株825億円相当の報酬受け取りへ

就任10年売上2倍以上、株価リターン1100%超 

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏から経営トップの職を引き継いだ10年前に交わした契約に基づく10回目で最終分の報酬を今週受け取る。

  ブルームバーグ・ニュースの試算では、今回の報酬は自社株約500万株、およそ7億5000万ドル(約825億円)相当から成る。報酬の一部は、アップル株の過去3年間のリターンがS&P500種株価指数の3分の2以上の構成企業を上回ることが条件で、同社株はこれを大幅に上回っている。

ティム・クック氏 

既にアップル株で数百万ドルを寄付

アップルの株価高騰でクック氏(60)は毎年、高額報酬を受け取りビリオネアとなった。ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、クック氏の純資産は現在約15億ドル。同氏は2015年に報酬の大部分を寄付する計画を明らかにしており、既にアップル株で数百万ドル相当の寄付を実施している。

10年前にジョブズ氏からCEO職を引き継いだ際、クック氏がカリスマ性のあるジョブズ氏に肩を並べアップルの成功を持続できるのか疑問視する向きもいた。しかし、クック氏の経営指揮の下、同社の売上高は2倍以上に増加し、株価のリターンは1100%超、時価総額は2兆ドルを超えた。

原題:Apple CEO Poised to Get $750 Million Final Payout From Award (2) (抜粋)

 

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Scott Carpenter

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT