パラノイアの勝利! 半導体加工技術で独走する《戦うNo.1技術》

パラノイアの勝利! 半導体加工技術で独走する《戦うNo.1技術》

東京・大田区にあるディスコ本社。1階受付前にはご他分に漏れず、アルコール消毒スプレーが置いてある。多くの会社で、もはや“お飾り”と化した代物だが、ディスコでは、来客者は消毒を済ませないと通してもらえない。受付嬢のチェックに抜かりはないのである。

新型インフルエンザの発生が懸念された2009年には、全社員が3カ月間の終日マスク着用を義務づけられた。来客者と応対する社員のマスク着用は、さらに今年3月まで、10カ月間も続いた。

一見ささいなことだが、ここに、一度決めたら徹底して実行するディスコの社風が表れている。この“徹底力”が、事業を「切る・削る・磨く」に特化するというブレない信念にも通じており、半導体ウエハの切断・研削・研磨装置で世界ナンバーワンを走り続ける源になっている。

顧客が求める改善点と厚い受け皿が新技術生む

最先端の半導体技術は超繊細の世界だ。ウエハの切断(ダイシング)はマイクロメートル単位の精度をコントロール。薄く削る(グラインディング)では直径30センチメートルのウエハをコピー用紙の20分の1、厚さ5マイクロメートルまで削ることが要求される。

ただし、微細加工のレベルだけなら、ディスコと同業他社との差はほとんどない。ほんの“細かいこだわり”の積み上げが折り重なって、他社との決定的な差を生んでいる。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。