若者のための仕事論 負けてたまるか! 丹羽宇一郎著

若者のための仕事論 負けてたまるか! 丹羽宇一郎著

仕事には迷い、焦り、不満がつきもの。しかし、努力を重ねていけば、仕事は人生に喜びを与えてくれる。大きな仕事を成し遂げて、仲間と分かち合う喜びは、さらに深いと、大手商社前会長の著者は説く。

若い頃は誰でも世間知らず。だからこそ、周囲に目を向ければ、納得いかないことがたくさんある。職場で誰も評価してくれないなら、それを周りの理解不足のせいにするのではなく、自分の力不足だと考えて努力を始めればいい。自らを省みるところに、成長のチャンスがある、とも。

著者の信条「人は仕事で磨かれ、読書で磨かれ、人で磨かれる」を通奏低音にする、「これからの日本を背負って立つ20代、30代」へのエール。

朝日新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。