若者のための仕事論 負けてたまるか! 丹羽宇一郎著

若者のための仕事論 負けてたまるか! 丹羽宇一郎著

仕事には迷い、焦り、不満がつきもの。しかし、努力を重ねていけば、仕事は人生に喜びを与えてくれる。大きな仕事を成し遂げて、仲間と分かち合う喜びは、さらに深いと、大手商社前会長の著者は説く。

若い頃は誰でも世間知らず。だからこそ、周囲に目を向ければ、納得いかないことがたくさんある。職場で誰も評価してくれないなら、それを周りの理解不足のせいにするのではなく、自分の力不足だと考えて努力を始めればいい。自らを省みるところに、成長のチャンスがある、とも。

著者の信条「人は仕事で磨かれ、読書で磨かれ、人で磨かれる」を通奏低音にする、「これからの日本を背負って立つ20代、30代」へのエール。

朝日新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。