若者のための仕事論 負けてたまるか! 丹羽宇一郎著

若者のための仕事論 負けてたまるか! 丹羽宇一郎著

仕事には迷い、焦り、不満がつきもの。しかし、努力を重ねていけば、仕事は人生に喜びを与えてくれる。大きな仕事を成し遂げて、仲間と分かち合う喜びは、さらに深いと、大手商社前会長の著者は説く。

若い頃は誰でも世間知らず。だからこそ、周囲に目を向ければ、納得いかないことがたくさんある。職場で誰も評価してくれないなら、それを周りの理解不足のせいにするのではなく、自分の力不足だと考えて努力を始めればいい。自らを省みるところに、成長のチャンスがある、とも。

著者の信条「人は仕事で磨かれ、読書で磨かれ、人で磨かれる」を通奏低音にする、「これからの日本を背負って立つ20代、30代」へのエール。

朝日新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。