若者のための仕事論 負けてたまるか! 丹羽宇一郎著

若者のための仕事論 負けてたまるか! 丹羽宇一郎著

仕事には迷い、焦り、不満がつきもの。しかし、努力を重ねていけば、仕事は人生に喜びを与えてくれる。大きな仕事を成し遂げて、仲間と分かち合う喜びは、さらに深いと、大手商社前会長の著者は説く。

若い頃は誰でも世間知らず。だからこそ、周囲に目を向ければ、納得いかないことがたくさんある。職場で誰も評価してくれないなら、それを周りの理解不足のせいにするのではなく、自分の力不足だと考えて努力を始めればいい。自らを省みるところに、成長のチャンスがある、とも。

著者の信条「人は仕事で磨かれ、読書で磨かれ、人で磨かれる」を通奏低音にする、「これからの日本を背負って立つ20代、30代」へのエール。

朝日新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。