なぜフランスでは子どもが増えるのか フランス女性のライフスタイル 中島さおり著

なぜフランスでは子どもが増えるのか フランス女性のライフスタイル 中島さおり著

自らも体験したフランスでの出産・育児事情を前著でつづった著者がその後の反響に応え、なぜフランスが現在のような状況に至ったか、その歴史的背景をひもとく。

2008年には出生率が2%を超え、子どもが増える先進国というイメージが定着したフランス。その出産・育児に対する行政援助や保育システム、多様な家族の形などは、成功事例として日本でも紹介されている。

何が日本と違うのか。フランスの伝統をそのまま日本社会に移植することは難しいとしながら、「フランスらしさ」といった文化的特性から離れ、歴史的な経緯から見れば参考にできる条件もあるのではないかと指摘。現代日本がフランスから学べることを考える。

講談社現代新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。