なぜフランスでは子どもが増えるのか フランス女性のライフスタイル 中島さおり著

なぜフランスでは子どもが増えるのか フランス女性のライフスタイル 中島さおり著

自らも体験したフランスでの出産・育児事情を前著でつづった著者がその後の反響に応え、なぜフランスが現在のような状況に至ったか、その歴史的背景をひもとく。

2008年には出生率が2%を超え、子どもが増える先進国というイメージが定着したフランス。その出産・育児に対する行政援助や保育システム、多様な家族の形などは、成功事例として日本でも紹介されている。

何が日本と違うのか。フランスの伝統をそのまま日本社会に移植することは難しいとしながら、「フランスらしさ」といった文化的特性から離れ、歴史的な経緯から見れば参考にできる条件もあるのではないかと指摘。現代日本がフランスから学べることを考える。

講談社現代新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。