アジアの株式投資家はコロナ関連指標に再注目

台湾とシンガポール感染者急増が株価に悪影響

アジアの複数の国・地域で新型コロナウイルス新規感染者が再び急増しており、域内の株式投資家は積極的に入院率を調べたり、ピーク予想に目を向けている。

感染再拡大は、アジア株の今年これまでの世界の株式に対する不振を悪化させた。経済再開に向けた各国の取り組みが打撃を受ける中、制限の厳しさや感染者数の増加ペース、政府の備え、ワクチン接種の進展状況が株式トレーダーにとって重要な手掛かりとなっている。

JPモルガン・アセット・マネジメントのアジア担当チーフ市場ストラテジスト、タイ・フイ氏(香港在勤)は「感染状況にピークが見え始めているかという観点から、アジア全体の感染者数を引き続きモニターしている」と説明。「北東アジア市場はほぼ間違いなく、東南アジアよりも回復力がある。4月の経済指標の一部は予想を下回ったものの、中国はコロナ封じ込めに関しては依然として抜きん出ている」と述べた。

次ページ新型コロナに『慣れ』過ぎが最大のリスク
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT