ブラジル大統領がついにコロナ対策重視に転換

経済界や盟友からも見捨てられそうになって

ブラジルのボルソナロ大統領の新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンに関する発言に変化が表れている。大統領は商業活動の制限措置を巡り州政府などを批判してきたが、コロナの猛威で支持基盤からの圧力が強まる中、議会と最高裁判事、州知事との溝を埋めるため姿勢を転換した。

ワクチン集団接種キャンペーンの実施を表明

ボルソナロ氏は24日、上下両院の議長や最高裁長官など多数の当局者を大統領官邸に招き、コロナのパンデミック(世界的な大流行)への一貫した対応について協議した。同氏は全国放映された23日夜の演説で、迅速に「日常生活を取り戻す」ためワクチン集団接種キャンペーンの実施を表明したほか、ロックダウン(都市封鎖)への批判を避けるなど、より融和的な姿勢を示していた。

ボルソナロ大統領
次ページなぜ大統領は姿勢を大きく変化させたのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT