ブラジル大統領がついにコロナ対策重視に転換

経済界や盟友からも見捨てられそうになって

ブラジルのボルソナロ大統領の新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンに関する発言に変化が表れている。大統領は商業活動の制限措置を巡り州政府などを批判してきたが、コロナの猛威で支持基盤からの圧力が強まる中、議会と最高裁判事、州知事との溝を埋めるため姿勢を転換した。

ワクチン集団接種キャンペーンの実施を表明

ボルソナロ氏は24日、上下両院の議長や最高裁長官など多数の当局者を大統領官邸に招き、コロナのパンデミック(世界的な大流行)への一貫した対応について協議した。同氏は全国放映された23日夜の演説で、迅速に「日常生活を取り戻す」ためワクチン集団接種キャンペーンの実施を表明したほか、ロックダウン(都市封鎖)への批判を避けるなど、より融和的な姿勢を示していた。

ボルソナロ大統領
次ページなぜ大統領は姿勢を大きく変化させたのか
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT