不況で引っ越しが減少、賃貸仲介業界に再編の波


 そのため現在、各社は薄利ながらも手堅く稼げる家主に対する管理サービスの強化へ軸足を移しつつある。エイブルも集金管理などの管理業務の拡大に意欲的だ。しかし同業のスターツコーポレーションが24時間体制でトラブルを受け付ける独自サービスを展開しているように、差別化が求められている。

業績低迷の中でコストをかけたサービスを導入すれば、自らの首を絞めかねない。エイブルは並行して、急拡大させた全国471もの直営店舗のスリム化も急ぐ必要があるだろう。伸び悩む仲介業のテコ入れと、手堅い管理業の拡大という難しい舵取りが求められている。

今後は業界全体で管理戸数の獲得競争が強まる様相にあり、M&Aの加速が予想される。今回の統合も、生き残りを懸けた再編が待ったなしの状況を示している。

■エイブルの業績予想、会社概要はこちら


■CHINTAIの業績予想、会社概要はこちら

(日暮良一 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2010年4月24日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT