推しの誕生日を花火で祝う「オタ活」の新潮流

大手新聞の全面広告8面をジャックした事例も

JO1は2020年12月に初のオンライン配信ライブを行った。ツイッターの「2020 もっとも使われたハッシュタグ:ミュージック」部門で1位になるなど快進撃を続ける(©︎LAPONE ENTERTAIMENT)
アーティストやアニメ作品など、好きな対象に注ぐファンの圧倒的な熱量。そのすさまじい愛が、SNSでつながり合い、経済や社会を動かす。“ファンダム”と呼ばれるこの新しい現象とはなんなのか。「ファンダム」を特集したAERA 2021年1月11日号から。

真っ暗な湖面。満天の星。風はほとんどないが、頬が切れそうなほど寒い。2020年12月11日、午後7時すぎ。滋賀県の琵琶湖の湖畔で、三脚にiPhoneをセットし、2人は“そのとき”を待った。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

「めっちゃ緊張してきた」

「すでに泣きそうだよ……」

7時30分、上空に約70発の花火が盛大に打ち上げられた。湖面に光が反射し幻想的な景色を作り出す。2人は、その映像を一瞬たりとも撮り逃すまいとYouTubeでライブ配信した。ツイッターには「すごくきれい!」「おめでとう!」などのメッセージが大量に飛び交った。

この日20歳になったグローバルボーイズグループ「JO1」のメンバー鶴房汐恩(つるぼうしおん)さんの誕生日と、同グループの結成1周年を祝うために有志のファンが企画した。SNSでつながった鶴房さんのファンを中心に数百人が費用を出し合い、花火師にJO1の楽曲「Starlight」をイメージした打ち上げ花火を依頼。ファンはそれぞれの居場所から、鶴房さんの出身地、滋賀県の夜空を彩った花火の映像をオンラインで楽しんだ。

SNSでつながり新たなムーブメントに

滋賀県在住の40代の女性と愛知県在住の40代の女性の2人が、1カ月ほど前に配信役を買って出た。2人はこの日のためにSNSで打ち合わせを重ねた。リアルタイム視聴者数は約1300人、アーカイブではさらに多くのファンが視聴する。2人は口をそろえる。

グローバルボーイズグループ「JO1」の鶴房汐恩さんの誕生日と、同グループの結成1周年を祝って琵琶湖に打ち上げられた花火(写真:MIKIKO)

「無事に終わってとにかく安心しました。また来年も汐恩くんの誕生日を“JAM”のみんなと祝いたいです」

今、エンターテインメントの世界で“ファンダム”という言葉が注目されている。熱心なファンたちがSNSを使ってつながり合い、その“熱狂”がさまざまな形となって表れ、新たなムーブメントを作り出す。こんな動きがそこここに生まれている。2人が口にしたJAMはJO1のファンダムの名称だ。

次ページ何十年も前から使われてきた言葉
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT