シュワルツェネッガーとトランプが憎み合う訳

「かつては友人だった2人」がなぜ犬猿の仲に?

その後も、ふたりの罵り合いは続く。

トランプがパリ協定から離脱を表明すると、環境問題に強い関心を持つシュワルツェネッガーは、「誰も昔に戻ることはできない。私にはできるが」と、『ターミネーター』に引っ掛けたジョークを言いつつ、後ろばかり見て、未来のためにクリーンエネルギーに投資しようとしないトランプを批判。

一方でトランプは、2019年夏、ホワイトハウスに集まったレポーターに向かって、「アーノルド・シュワルツェネッガーは死んだよ。私はそこにいたんだ」と言っている。

その報道を聞いたシュワルツェネッガーは、「まだ生きているよ。確定申告を見せっこする?」と未だに税金申告の内容を公表しないトランプをからかった。

トランプの憧れはシュワルツェネッガー?

どうしてふたりの争いはこんなに尾を引くことになったのか。それについてはシュワルツェネッガーが、2019年秋、男性フィットネス雑誌「Men’s Health」の取材で明かしている。『ターミネーター:ニュー・フェイト』の公開に合わせて受けたこのインタビューで、シュワルツェネッガーは、「トランプは自分に憧れているのだ」と言ったのだ。

その根拠として、シュワルツェネッガーは、ふたりの仲が良かった頃、一緒に見に行ったレスリングの試合で、完璧な肉体を持ち、パフォーマーでもあるレスラーたちをトランプが崇め、褒め称えていたことを挙げた。

シュワルツェネッガーも元ボディビルダーの肉体を持ち、映画で人々を魅了する人気者だ。「彼は私を愛しているんだ。彼は私になりたいのさ」と、シュワルツェネッガーは、トランプが自分に執着する理由を語っている。

レスリングの試合中、トランプは映画で本当には起こっていないシーンをどう信じさせるのかについても、シュワルツェネッガーに聞いてきたという。「どうすれば人にそれを本物だと思わせ、人の心を動かせるのか」を、トランプはひたすら知りたがった。

そして今、トランプはそれを半ば成功させたわけである。彼の言う嘘を信じた人々を暴力行為に駆り立てたのだ。しかし、トランプの小手先でやれることには限界がある。

民主主義は、ひとりの人間よりも大きく、強い。今週、シュワルツェネッガーが投稿した動画で言っているように、民主主義は、コナンの剣のように、打たれれば打たれるほど強くなるのだ。

映画に出てくる正義のヒーローに憧れるのなら、トランプは今こそ、すっぱりと潔く退いたほうがいい。二度目の弾劾を待つまでもなく、辞職するしか道はない。途中までひどかった映画も、エンディングがよければ多少印象は変わる。ここで格好よく立ち去っていけば、シュワルツェネッガーもきっと、お褒めのツイートをくれるはずだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT