コロナ変異種「水際対策」すでに手遅れなワケ

英国が気付けたのは圧倒的ゲノム解析のおかげ

新型コロナウイルスの変異種が見つかった都報告したイギリス。写真はロンドン市内(写真:Andrew Testa/The New York Time)

各国は今週、イギリスに対して次々に国境を閉じた。その慌ただしい動きは、新型コロナウイルスが初めて世界各地で確認され始めた春の反応を思い起こさせる。このとき各国が打ち出した渡航・入国禁止措置は、ほとんどが手遅れだった。ウイルスがいろいろな場所に入り込んだ後だったからだ。

各国は水際対策を強化し、イギリスで新しく特定された、より強い感染力を持つとみられる変異種の侵入を防ごうとしている。だが今回も手遅れかもしれない。専門家によれば、この変異種の流行はすでに広範囲に広がっているおそれがあるからだ。水際対策を強化すれば、経済的、精神的な苦痛は強まるが、そのような対策を講じてもウイルスの犠牲者は増え続ける可能性がある。

イギリスだから見つけられた

「(水際対策は)ばかげている」。こう一蹴するのは、ドイツのチュービンゲン大学病院のペーター・クレムスナー医師だ。

「この変異種が(イギリス本土の)島にしか存在しない場合においてのみ、イングランド、スコットランド、ウェールズに対して国境を閉じる意味が出てくる。しかし、すでに他の場所に広まっているのだとしたら、あらゆる場所でこの変異種との闘いを進めなければならない」

クレムスナー氏は、変異種については科学的にわかっていないことが多く、危険性も未知数だとしたうえで、こう指摘した。イギリスの外ではまだ感染が広がっていないと考えるのは甘い——。

イギリスは世界でも最先端のゲノム監視体制を持っている。だからこそ、他国なら気づかないままとなっていた可能性のある変異種でも見つけることができた、と専門家らは指摘する。

次ページ各国で異なる入国規制
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT