新型シビックが「北米だけ」で発表された理由

販売“超低迷"の日本で新型の発売はあるのか

アメリカで発表された11代目「シビック」のプロトタイプ(写真:ホンダ)

2020年11月17日、アメリカで11代目となるホンダ「シビック」が公開された。プロトタイプともホンダが呼ぶ新しいシビックは、2021年春遅くから発売されるとアナウンスされている。

新型シビックの特徴は、ホンダの時代を超えたデザインからインスパイアされたスタイルを採用していることだという。それは「ロー&ワイド」「ローベルトライン」「クリーンで洗練されたディティール」の3点だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

具体的には、アッパーボディを一新。Aピラーの位置が下げられて、ロングノーズ化されている。ボンネットとフロントフェンダー、ベルトラインは下げられた。さらにグリルからヘッドライトといった顔つき、さらにはリアのストップランプのデザインも、水平基調が強くなっている。

全体として、より薄く、より低いデザインになっている。まさに、ロー&ワイド、ローベルトラインだ。

インテリアも水平基調が強調されており、ダッシュボードは低くシンプルに。その真ん中に、まるでパソコンのモニターのように9インチディスプレイが鎮座するのは、最近の流行りのデザインと言っていいだろう。

現状わかっているのはデザインだけだが

今回公開されたのは主にデザインで、詳細な寸法やパワートレインについては発表されていない。しかし、ボディだけでなく、よりパワフルで低燃費なパワートレインや、アクティブ&パッシブの最新の安全装備も採用されるという。

また、シリーズとして、セダンを皮切りにハッチバック、高性能版のSiモデル、そしてタイプRが登場するという。ただし、現行モデルにあるクーペの存在は、まだ明らかにはされていない。

アメリカで販売される現行モデルのクーペ(写真:ホンダ)

日本でシビックと言えば、B~Cセグメントのハッチバック車という印象が強いが、アメリカでは、セダン/ハッチバック/クーペを揃える、コンパクトカーシリーズという存在。

新型でも、そうした基本的な部分は踏襲されている。また、アメリカでの現行シビックにはハイブリッドがなく、新型にもそれに関する説明は何もなかった。どうやら、新型もエンジン車のみでいくのだろう。

次ページアメリカでは年間30万台を売るベストセラー
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT