原田泰造「令和のはぐれ刑事」を張る圧倒的魅力

コントで培ったイメージや演技力を俳優で発揮

原田泰造があの「はぐれ刑事」の魂を引き継ぐ大役を務める(写真:共同通信)

「ルパン三世」ならぬ「はぐれ刑事三世」。原田泰造が今は亡き名優・藤田まことの当たり役で22年間演じてきた「はぐれ刑事純情派」(1988年〜2009年 テレビ朝日系)を引き継ぐことになり、注目を浴びている。

先人の「はぐれ刑事」をそのまんま令和にリメイクするのではなく、藤田まことが演じた伝説の刑事“安浦吉之助”に名前“浦安吉之”が似ているため“はぐれ刑事三世”としてはぐれ刑事の魂を引き継ぐというもの。あくまで令和の新たな刑事ドラマとなる(放送は10月15日)。

なぜ、二世じゃなくて三世か、テレビ朝日宣伝部にたずねたが、明確な回答は得られなかった。三世のほうがゴロがいいというのもあるとかないとか……。

元祖“はぐれ刑事”の愛された面は “捜査にはことのほか厳しいが、やむなく犯罪を犯した者への温情は忘れない”というものだった。その人物を彷彿とさせる人物として、原田が演じるのは、道に迷いやすく、騙されやすい人物。そうして彼方此方(あちこち)“はぐれ”た先に真実を見つけるという趣向である。

予告映像を見ると、ドジだが憎めない中年刑事という印象を受ける。流行りの「かわおじ」(かわいいおじさん)を意識しているようにも感じられる。だが、そう見えて、じつは敏腕、つまり「能ある鷹は爪を隠す」人物らしい。

穏やかで優しい、いざというときに頼れる

こういう役は原田泰造なら任せて安心であろう。彼は、穏やかで優しい、でもいざというとき頼りがいがあるというイメージのある人物を演じさせると抜群だから。

1993年からお笑い3人組・ネプチューンの一員として活躍している原田は「曲がったことが大嫌い はらだたいぞうです♪」と節つきの自己紹介で人気を獲得した。最近は、このネタは滅多に見られないが、先日、バラエティー番組「しゃべくり007」(日本テレビ)で、若手の女性芸人にねだられて照れくさそうに披露していた。これは未だにこのネタは風化しておらず、有効であるということを示している。要するにレジェンド化しているということだ。

「曲がったことが大嫌い」によって、芸人はトンガッて、型破りなものという先入観を原田は壊すことに成功した。そして、頼りがいがあって安心な、でも面白い好人物。そのうえ背がすらりと高くてスマートという特性を生かし、女性をはじめとして、幅広い層に受け入れられた。

次ページ真面目で誠実な人というイメージが定着
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT