医薬品クライシス 佐藤健太郎著

医薬品クライシス 佐藤健太郎著

有効かつ安全で特徴ある医薬品が世に出るまでには、動物実験から臨床試験、特許に至るまでさまざまな要件を高いレベルでクリアしなければならない。医薬品メーカーはその新薬研究に莫大な資金をつぎ込む。世界最大手のファイザーの研究開発費は年間9000億円近いという。

しかし、それだけの資金とトップレベルの頭脳を用いても、新薬が生まれなくなってしまったのが現状だという。そして、特許切れを迎える商品が相次ぐ今年。医薬品業界は苦境に立たされる。

人を痛みや苦しみから救うという崇高な使命と、莫大な資金が飛び交うビジネスの側面を併せ持つ医薬品産業の光と影を、サイエンスライターである著者が問う。

新潮新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT