医薬品クライシス 佐藤健太郎著

医薬品クライシス 佐藤健太郎著

有効かつ安全で特徴ある医薬品が世に出るまでには、動物実験から臨床試験、特許に至るまでさまざまな要件を高いレベルでクリアしなければならない。医薬品メーカーはその新薬研究に莫大な資金をつぎ込む。世界最大手のファイザーの研究開発費は年間9000億円近いという。

しかし、それだけの資金とトップレベルの頭脳を用いても、新薬が生まれなくなってしまったのが現状だという。そして、特許切れを迎える商品が相次ぐ今年。医薬品業界は苦境に立たされる。

人を痛みや苦しみから救うという崇高な使命と、莫大な資金が飛び交うビジネスの側面を併せ持つ医薬品産業の光と影を、サイエンスライターである著者が問う。

新潮新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT