「年収6割でも週休4日」という生き方 ビル・トッテン著

「年収6割でも週休4日」という生き方 ビル・トッテン著

コンピュータソフトの販売会社アシストを経営する著者は「小欲知足」をモットーに京都の夏をエアコンなしで乗り切り、庭で作る有機無農薬野菜による「自作自消」に入れ込んでいる。そうしたユニークなライフスタイルの紹介(人糞・馬糞による野菜栽培まで)も面白いが、経営者としての経済・経営観のほうが主題であり、大前提として日本経済はこれから現在のGDPの6割まで縮小していく可能性があるという。

である以上、リストラは一切しないが給料は大幅に減るのを覚悟で、今から社員も自活の準備をしてほしいとする。その会社と社員のやり取りから、経営と労働の本質のようなものが伝わってくる。そして日本的経営が失われたこと、松下幸之助など哲学や倫理観を持った財界人が今の時代に皆無に近いことを惜しみ、市場原理主義、道徳なき経営を厳しく批判する。トービン税、米国債売却、政府紙幣発行など終章の提言も
議論する価値はある。(純)

小学館 1260円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT