「年収6割でも週休4日」という生き方 ビル・トッテン著

「年収6割でも週休4日」という生き方 ビル・トッテン著

コンピュータソフトの販売会社アシストを経営する著者は「小欲知足」をモットーに京都の夏をエアコンなしで乗り切り、庭で作る有機無農薬野菜による「自作自消」に入れ込んでいる。そうしたユニークなライフスタイルの紹介(人糞・馬糞による野菜栽培まで)も面白いが、経営者としての経済・経営観のほうが主題であり、大前提として日本経済はこれから現在のGDPの6割まで縮小していく可能性があるという。

である以上、リストラは一切しないが給料は大幅に減るのを覚悟で、今から社員も自活の準備をしてほしいとする。その会社と社員のやり取りから、経営と労働の本質のようなものが伝わってくる。そして日本的経営が失われたこと、松下幸之助など哲学や倫理観を持った財界人が今の時代に皆無に近いことを惜しみ、市場原理主義、道徳なき経営を厳しく批判する。トービン税、米国債売却、政府紙幣発行など終章の提言も
議論する価値はある。(純)

小学館 1260円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT