在庫ゼロ通販「SUZURI」が拓く巣ごもり新消費 吉本興業も活用、デザイン画だけで「2分で出品」

拡大
縮小

一気に注目度を増すスズリだが、今後成長を加速するためには課題もある。1つは、商品の注文から到着までにかかるリードタイムだ。スズリで販売している商品の中には、8月時点の注文で発送予定日が10月と表示されるものもあった。スズリは複数の提携工場に商品製造を委託しているが、アイテムによっては印刷に高度な技術を要するために限られた提携先でしか製造できない場合もある。

日用品のように「明日なければ困る」という類いの買い物ではないものの、買い手からすれば到着が早いに越したことはない。「一点から商品を作ってくれる工場はそもそも数が少ないが、地道に開拓してきた。提携先にはすでに非常に頑張ってもらっているが、今後も協力関係を深め、物量を増やしてもらえるようお願いすると同時に、新しい提携先も増やしたい」(安宅氏)。

著作権侵害の不安はないか

もう1つ注意したいのが、著作権侵害だ。スズリでは出品者自身が著作権を有するデザイン以外の出品を禁じている。利用者向けのQ&Aでも「ミッキーマウスのTシャツ作っていいですか?」という質問に対し「絶っっっっっっっっっっっ対やめてください。利用規約に基づき、即削除させていただきます」(原文ママ)と回答している。

事業部長の安宅氏は社内の別のECサービスを担当する中で出品者の悩みに触れ、スズリのサービスを構想し始めた(画像:GMOペパボ)

出品者自身による権利侵害有無のチェックを促すほか、社内で目視による画像チェックも実施。 具体的には 、通報ベースでの目視による確認 、受注後の目視による確認などだ。権利侵害の商品の登録に気づけなかった場合、受注後の製造前に社内の基準による目視確認で食い止めるという考え方である。この仕組みがあることで、今のところ大きなトラブルに発展した例はないというが、出品者が増える中では、チェック体制の強化を継続的に行っていく必要があるだろう。

取扱高をもう一段伸ばすための課題は、購入の習慣化という点にもある。「現在は知名度のある作り手がファンを連れてくる形での購入が大部分を占める。今後はスズリ自体に『ここに来れば面白いものがある』という魅力を感じてもらえるようにサービスを進化させたい」(安宅氏)。

スズリはウェブサイトのほかにスマホアプリも展開しており、利用者ごとに最適化した商品レコメンドなども追求している。コロナ禍の巣ごもり需要に終わらず、成長に弾みをつけられるか。これからが勝負どころだ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT