余計なアドバイスがやっぱり有害な科学的根拠

一番の防御策は「成功している」と思えること

無礼な態度のネガティブな影響を乗り越えるのに最も重要なのは、「自分は成功している」と思えることです。

たとえなにも対策を講じなくても、自分自身がエネルギーに満ち、生き生きと活動していて、しかも日々成長していれば、またそれを実感できていれば、誰かに無礼な態度を取られても、さほど悪影響を受けることはありません。

(イラスト:maki)

いくつもの業界を対象に実施した調査でも、「自分は成功している」と思える人は、健康で、なにかあっても回復が早く、また仕事への集中力が途切れにくい、という傾向があるとわかっています。

成功しているという自信がわずかでもあれば、それが自分を守ってくれます。ストレスを感じにくく、注意力が散漫になることも、考えが後ろ向きになることも少なくなるのです。

また、自らを成功しているとみなす社員は、自分に対する自信も平均的な社員より52パーセント強く、状況を自分の力で変えられるという気持ちも強いこともわかっています。

仮に他人から無礼な態度を取られたとしても、それによって考えがネガティブになったり、集中力が削がれたり、自らを疑うようになったりすることはあまりないということです。

仕事への悪影響も軽減

自分は成功していると思える人は、悪いことが起きても、それを簡単にいいようにとらえ直すことができます。そのため、大きく傷つくことが少ないです。

あなたに対して無礼な態度を取る人間がいるとします。そのままでは何もいいことはありません。その状況から何か学べることはないか、と自分に問いかけるだけで違うでしょう。

ある状況で私たちが幸せを感じるかどうかは、脳内の神経細胞の配線パターンによって半分くらいは決まるといいます。そして、40パーセント程度は、起きた出来事を私たちがどう解釈し、その出来事にどう反応するかで決まります。また残りの10パーセントは、私たちを取り巻く環境によって決まります。

同じ出来事をどう解釈するかは、自分の意思である程度は変えることができます。出来事にどういう意味を持たせるか、どういう物語を与えるかを自分で決めることも不可能ではありません。自分の気分を悪くするかどうかも、部分的には自分で調節できるのです。

強くなれば、どんな困難も乗り越えられるなどとは言いません。それはあまりに非現実的です。しかし、他人に言われたこと、されたことを気にしすぎないように注意することはできます。

仕事で成功していれば、ひどい態度を取られても、それをあまり気に病まずに済むことが多いです。投げかけられた言葉、されたことを悪い方に取ることは少なくなります。何かあっても、自分は、自分のしていることは間違っていないと思うことができるのです。誰かに無礼な扱いを受けたときに仕事の業績が悪化することも少なくないです。

成功の自覚がある人は、ない人に比べ、他人の無礼な態度の業績への悪影響が34パーセント少ないというデータもあります。これは大きな違いでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT