ミニストップがソフトクリームで勝負する理由

その場で食べる「即時消費」だからこその価値

出店については採算の見直しを行い、この1年で237店舗を閉店。一方で採算性の高い店舗やミニソフの出店を進めて、現在1997店舗となっている。ミニソフの立ち上げは、CVS事業とも絡んだ、大きな戦略の中に位置づけられていることがわかる。

8月10日に発売した、季節限定のベルギーチョコレートシリーズ。写真はワッフルソフトクリーム「プレミアムベルギーチョコ」税込み540円(写真:ミニストップ)

ただ、ブランディングの意味合いは、同社としては当初あまり意識していなかったようだ。実際、2018年7月から埼玉の越谷レイクタウンで行われたソフトクリーム専門店の試験運用時は、あえてミニストップのカラーを排除したという。

「ミニストップの運営であることが、プラスになるのかマイナスになるのか、当初はつかめていませんでした。価格もコンビニよりアップしていましたので、専門店らしさを全面的に押し出した店舗デザインにしていました」(渡邊氏)

しかし結果としては、ブランドとしての特徴がはっきりしなくなってしまったようだ。こうした課題を1つひとつ見直してオープンしたのが「ミニソフ」ということになる。店名やロゴからもわかるように、ミニストップらしさを前面に押し出したほか、たくさんあったメニューを収斂。

「メニュー数が多いということは一見、お客様サービスのようですが、結局自分の好きなメニューを探したり、迷ったり、というところでお客様のストレスになる面もあります。逆にメニューを絞り込むことによって、1品1品の価値をアップしていく方法をとりました」(渡邊氏)

「食べる」と「飲む」でソフトクリームを楽しむ

商品ラインナップとしては、まず、ミニストップでも定番のソフトクリームが主力となる。北海道産生乳を使用したコクのある味わいと、なめらかな口当たりはミニストップのソフトクリームそのまま。コーンをワッフルタイプに変え、ソフトクリームも“1巻き程度”増量して価格は360円(税込み)。ミニストップのソフトクリームのおよそ1.5倍だ。

また、ソフトクリームのさまざまな楽しみ方を「食べる」と「飲む」の2カテゴリーで訴求する。「食べる」カテゴリーは、ソースやフルーツなどのトッピングでアレンジを加えた「ワッフルソフトクリーム」や、かき氷のような「果実氷」で構成される。

夏季限定のクラウンメロンを使用したワッフルメロンソフトクリーム(税込み520円)。ソフトクリームと、果肉を凍らせた果実氷をダブルで味わえる。希少な食材を使用できるのも、店舗数が限られたミニソフならではのメリット。季節限定商品のため、現在は取り扱いなし(筆者撮影)

そして「飲む」は、ミニソフのために新たに開発されたカテゴリーだ。シェイクのようでありながら、ソフトクリームのなめらかさも併せ持つ。シンプルな「のむソフトクリーム」と、フルーツやソースを加えた「のむソフトクリームパフェ」の2種類がある。

価格やメニューラインナップは店によっても異なるが、旬のフルーツなどを使った季節がわりの商品も加え、20種類程度をそろえるという。

「商品や店づくりで大切にしたのが、日常にひとときのリラックスタイムをもっていただけることや、素材を生かした優しい味わいです。

今回、不特定多数の方にリサーチをする中で、ソフトクリームに期待することとして、懐かしいとか、優しいといったキーワードが上がってきたためです」(渡邊氏)

次ページ「家に持ち帰れないソフトクリーム」だからこそ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT