iPadがついにお披露目、電子書籍・携帯ゲームの革命児となるか

iPadがついにお披露目、電子書籍・携帯ゲームの革命児となるか

早朝、曇り空のサンフランシスコ。大型展示場・モスコーニセンター前のヤーバ・ブエナ芸術センターに、黒山の人だかりが。テレビ中継車もずらりと並んでいる。1月27日、午前10時からアップルの新型タブレットPCが発表されるとの情報で、例年以上に注目を集めているアップルの発表会。
 
 「朝8時半から待ってる。絶対にどんなものか見たい」と、帽子とコート姿のマイク。彼は普通の大学生だ。生中継画像を熱心にのぞき込んでいたスティーブンは、向かい側で開催中の別の技術系イベントに参加予定の会社員だ。「iPhoneを持っているが、ウワサのタブレットPCはどんな製品で、いくらぐらいなんだろうか」と興味津々の様子。

ヤーバ・ブエナ芸術センターの外だけでなく、内側も観客で一杯だ。前評判が高かったため、入場者の人数制限が行われ、世界各地域ごとに入場人数枠も決められていた。このため中に入れないジャーナリストたちがたくさん外で会場を取り巻いている。

黒いセーターとジーパン姿のスティーブ・ジョブズが現れると、会場の人たちが立ち上がり、一斉に拍手が沸き起こる。

「今日初めて見せたいものがある。僕たちはアイパッドと呼んでいる」とジョブズが発表。iPadはスマートフォーンとラップトップの間に位置する製品で、インターネットを見たり、Eメールを送ったり、写真やビデオ、音楽が聴け、さらにゲームや電子書籍端末としても使える--と、ジョブズはソファに腰掛けiPadを使い、とても満足そう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。