JR東海は新幹線とリニアの米国輸出を狙う

JR東海は新幹線とリニアの米国輸出を狙う

JR東海が米国の新幹線、リニア受注を目指す計画を発表した。同社と提携先の米国コンサルタント会社2社は、昨年から米国内での新幹線やリニアの売り込み先を調査してきた。米国内150路線の中から、新幹線売り込みの有望先としてリストアップしたのは、タンパ~マイアミ、ラスベガス~ロサンゼルスなど。

米連邦政府の景気対策資金が、これら高速鉄道計画に割り当てられる可能性もあるという。リニアについても受注計画を進めており、ボルチモア~ワシントンDCなどが候補だ。

海外輸出で採用される車両は「N700−I」。東海道・山陽新幹線で走っている「N700系」を海外仕様にしたものである。

日本の場合、高速鉄道の技術、開発はJRグループが一手に担っている。今回はJR東海が国内の関連メーカーを束ねながら、車両や信号システム、運行手法などをトータルで売り込む。国土交通省など日本政府も支援に前向きだ。

米国では長距離移動は航空機を利用するのが一般的で、高速鉄道は普及していない。環境問題などを背景に高速鉄道建設の機運が高まっているが、それを実現させるためには日本、欧州など海外企業との協力が不可欠となっている。

JR東海は今後、欧州の鉄道関連メーカーなどと競いながら、米国案件の獲得を目指していくことになる。 


《東洋経済・最新業績予想》
 (百万円)    売 上  営業利益   経常利益  当期利益
連本2009.03    1,570,253    382,341    218,106    126,052
連本2010.03予   1,477,000    258,000    128,000     72,000
連本2011.03予   1,550,000    270,000    150,000     85,000
連中2009.09      730,622    176,466    118,119     69,692
連中2010.09予     760,000    183,000    129,000     74,000
-----------------------------------------------------------
          1株益\    1株配\
連本2009.03        64023       9000 
連本2010.03予       36548       9000 
連本2011.03予       43147       9000 
連中2009.09        35377       4500 
連中2010.09予       37563       4500 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。