書店員が選ぶビジネス書ベスト30 2009年版

書店員が選ぶビジネス書ベスト30 2009年版

1位
成功は一日で捨て去れ

柳井 正著 新潮社/1470円

【今読まなくて、いつ読むの!と言える本】
タイトルは、つねに現状を否定し続けるという氏の考えを端的に表したもの。それをいかに実践するか、その徹底ぶり、ひたむきさ。読めばやる気がみなぎる。(ジュンク堂書店京都BAL店 堀内)

【失敗も成功も経営哲学も、自ら語る充実の書】
フリース、郊外店での成功で終わらせず、つねに話題を提供し続けていられるのはなぜか。「ユニクロ独り勝ち」に疑問を抱いている人にこそ読んでほしい。(紀伊國屋書店大手町ビル店 越)

【打開すべき課題にどう取り組んだか】
実際に直面したさまざまな問題を例に答えています。文章もわかりやすく、会社経営のための書籍としてだけでなく、読者のモチベーションを高めてくれます。(天一書房日吉店 小平)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。