【産業天気図・アパレル】終始「曇り」へ、低価格戦略の専門店堅調も重衣料・ジーンズ苦戦、企業の勝敗二極化進む

予想天気
  09年10月~10年3月    10年4月~9月

アパレル業界の2009年10月~10年3月、10年4月~9月はともに「曇り」になりそうだ。機能性肌着の根強さに加え、低価格に強みのある大手衣料専門店は業績堅調。一方で、単価の高い冬物衣料を中心にコートやスーツなど重衣料の販売は厳しく、紳士衣料専門店などは苦戦を強いられる。消費環境の厳しさを受け、業界の優勝劣敗は鮮明になりそうだ。

業界最大手のファーストリテイリング<9983>は、主力業態「ユニクロ」が前年に引き続き好調。特に冬用の機能性肌着「ヒートテック」は今期5000万枚と前期比1.8倍を目指し拡販中だ。ヒートテックは前期は08年12月完売で機会ロスが発生したため、今シーズンは素材と製造工場を確保し、海外も含め販売を拡大させる。ヒートテックなど強い商材に支えられ、既存店売上高は10月以降も前年同月比を大幅に超えており、勢いは衰えを見せていない。

しまむら<8227>も堅調。従来からの低価格路線にファッション性を加え、購買層が若年層を中心に拡大している。既存店売上高も底堅い。中国からの商品の流通経路単純化も進み、経費の圧縮も期待できそうだ。

一方、12月~3月に収益のヤマ場を迎える紳士衣料専門店各社は、12月の冬季賞与の減少を受けて苦戦が予想される。こういった中、主要各社は差別化戦略に懸命だ。紳士服専門店最大手の青山商事<8219>はウール素材のスーツ、レディススーツ、インターネット販売などを強化。AOKIホールディングス<8214>やコナカ<7494>は温度調節に特徴を持たせた機能性スーツの展開と、若者に人気のタレントを起用するなどで対抗する。だが限られたパイの争いは熾烈を極めそうだ。

また百貨店の不振で、百貨店向けブランドを展開するオンワードホールディングス<8016>なども低迷。ジーンズなどのカジュアル衣料も、総合スーパーなどの1000円を下回る低価格品に客足を奪われるなど厳しい。ライトオン<7445>は光沢あるジーンズ「シャイニーデニム」や「洗えるダウン」、ジーンズメイト<7448>では「洗えるコート」など、付加価値の強い新商品を訴求中。だがジーンズなど主力商品の低迷で、抜本的な業績回復は難しい情勢だ。
(鈴木良英)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT