米新規失業保険申請件数は32.6万件

市場予想を上回って増加だが労働市場に勢い

4月3日、米新規失業保険週間申請件数は、前週比で1万6000件増加して32万6000件となった。写真はニューヨークの採用選考会場で3月撮影(2014年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ワシントン 3日 ロイター] -米労働省が3日発表した3月29日終了週の新規失業保険週間申請件数は、前週比で1万6000件増加して32万6000件となった。市場予想の31万7000件より件数が膨らんだ。ただ、基調トレンドは、労働市場に一定の勢いがあることを引き続き示す。

22日終了週分は前回発表より1000件下方修正された。

労働市場のすう勢をより正確に示すとされる、4週間移動平均は250件増の31万9500件と6カ月ぶりの低水準近辺で推移、労働市場が底堅さを増したことを示した。

労働省によると、推定値を報告した州はなかった。

季節変動をならすために用いるモデルに修正が加えられた。2009年分までさかのぼって申請件数を修正した。

3月の申請件数はおおむね安定的に推移、雇用の伸び加速に期待が集まる。

4日には、3月の雇用統計が発表される。エコノミスト予想は、非農業部門雇用者数が前月比20万人増で、2月の17万5000人増を上回る。失業率は0.1%ポイント低下し、6.6%と見込まれている。

異例の寒波の影響を受け、昨年12月と今年1月の労働市場はさえなかった。ただ気温の上昇に伴い、勢いの加速が視野に入る。経済にも追い風となる。

22日終了週の受給総数は2万2000件増の284万件だった。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのシニアエコノミスト、マイケル・ハンソン氏は「(今回の指標は)労働市場の緩やかな伸びとおおむね一致する内容だ」と話した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。