米新規失業保険申請件数は32.6万件

市場予想を上回って増加だが労働市場に勢い

4月3日、米新規失業保険週間申請件数は、前週比で1万6000件増加して32万6000件となった。写真はニューヨークの採用選考会場で3月撮影(2014年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ワシントン 3日 ロイター] -米労働省が3日発表した3月29日終了週の新規失業保険週間申請件数は、前週比で1万6000件増加して32万6000件となった。市場予想の31万7000件より件数が膨らんだ。ただ、基調トレンドは、労働市場に一定の勢いがあることを引き続き示す。

22日終了週分は前回発表より1000件下方修正された。

労働市場のすう勢をより正確に示すとされる、4週間移動平均は250件増の31万9500件と6カ月ぶりの低水準近辺で推移、労働市場が底堅さを増したことを示した。

労働省によると、推定値を報告した州はなかった。

季節変動をならすために用いるモデルに修正が加えられた。2009年分までさかのぼって申請件数を修正した。

3月の申請件数はおおむね安定的に推移、雇用の伸び加速に期待が集まる。

4日には、3月の雇用統計が発表される。エコノミスト予想は、非農業部門雇用者数が前月比20万人増で、2月の17万5000人増を上回る。失業率は0.1%ポイント低下し、6.6%と見込まれている。

異例の寒波の影響を受け、昨年12月と今年1月の労働市場はさえなかった。ただ気温の上昇に伴い、勢いの加速が視野に入る。経済にも追い風となる。

22日終了週の受給総数は2万2000件増の284万件だった。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのシニアエコノミスト、マイケル・ハンソン氏は「(今回の指標は)労働市場の緩やかな伸びとおおむね一致する内容だ」と話した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT