あのポルシェが「電気自動車」に乗り出す意味

2020年中に日本国内でEV「タイカン」を発売へ

ポルシェ初のEV「タイカン」が2020年後半から日本で販売される(写真:ポルシェジャパン)

あのスポーツカーメーカー、ポルシェが電気自動車(EV)を発売する。その名は「タイカン」。ヨーロッパ各国では2019年秋以降に順次発売しており、日本では2020年後半にも納車が開始される見通しだ。

ポルシェといえば、言わずと知れたドイツの高級自動車メーカー。スポーツカー「911」やSUV「カイエン」といった主力車種を持ち、現在は同じくドイツのフォルクスワーゲン(VW)グループに属する。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

VWグループは世界中で年間1097万台(2019年)を販売。そのうちポルシェの販売台数は約28万台で、グループ内では最高価格帯を担う。スポーツカー専業のメーカーとしては販売台数が世界トップだ。

スポーツカーと聞いて、エコを想像する人は少ないだろう。一般的なスポーツカーは、大量のガソリンを燃やし、圧倒的な走行性能を誇る。「スポーツカー=燃費が悪い」は当たり前。そんなスポーツカーを手がけるポルシェが、あえてエコの象徴でもあるEVの販売に乗り出す。

背景に何があるのか。まず1つは、世界中で厳しくなる環境規制への対応だ。ポルシェの本社がある欧州や販売台数が最も多い中国においても環境規制が強化されている。ポルシェはVWグループ全体として規制数値をクリアする必要がある。「規制への対応が出来ているかがビジネスの成否を分ける時代になった」(ポルシェジャパンのミヒャエル・キルシュ社長)。

ただし、それだけが理由ではない。キルシュ社長はT型フォードの登場で人の移動手段が馬から車へとわずかな期間で入れ替わったことを挙げ、「今回も(ガソリン車からEVへの)急速な変化が起きる」(同)と危機感を示す。

911に劣らないスペック

ポルシェが開発したEVのタイカンは3つのグレードからなる。加速性能や速度で劣る分、比較的価格が安い「4S」、中位車種の「ターボ」、そして最上位の「ターボS」だ。現時点で日本での価格は未公表だが、ヨーロッパの価格は日本円で約1260万~2200万円となっている。

日本で初披露されたポルシェ初のEV「タイカン」。国内での納車は2020年後半からの予定(記者撮影)

タイカンの最高速度は260km/hと、ポルシェの代表的な車種の911Carreraの最高速度293km/hと比べるとやや見劣りするものの、水準としては十分だ。停止状態から100km/h到達までの時間は、タイカンのターボで3.2秒、対する911は4.2秒とタイカンが勝る。また、エンジン車とは違い、バッテリーを車体の下に敷き詰めるため、重心が低いことで走行の安定性向上に有利に働く。

次ページあえてエンジン音を作る
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT