アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

ロスリング「FACTFULNESS」が1位に返り咲き

ハンス・ロスリング『FACTFULNESS』が1位に返り咲きました(写真:ふじよ / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、1月26日~2月1日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『FACTFULNESS』が再び1位に

今週(1月26日~2月1日)のランキングでは、前週2位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)が1位に返り咲いた。毎日安定して注文が集まっているという。

『FACTFULNESS』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位は、前週6位の『1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』(エリック・シュミット著、ダイヤモンド社)がランクインした。アマゾンによると、Yahooニュース掲載が影響しているという。

3位は、前週4位だった『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』(スティーブン・R.コヴィー著、キングベアー出版)がランクインした。新書サイズの発売が影響している模様だ。

前週93位から一気に16位へアップしたのが『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』(ほぼ日刊イトイ新聞著、株式会社ほぼ日)だ。アマゾンによると、「ほぼ日刊イトイ新聞」で紹介されたことが影響しているという。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。