アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

朝倉未来氏の『強者の流儀』が1位を獲得!

朝倉未来『強者の流儀』が1位を獲得しました(写真:Fast&Slow / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、1月19日~25日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

朝倉未来『強者の流儀』が1位に

今週(1月19日~25日)のランキングでは、『強者の流儀』(朝倉未来、KADOKAWA)が1位を獲得した。アマゾンによると、著者がヤフーニュースに掲載されたことが影響している模様だという。

『強者の流儀』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位は、前週まで1位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)がランクインした。『日本経済新聞』に広告が掲載されたことが影響しているという。

3位は、先週61位の『言語化力 (言葉にできれば人生は変わる)』(三浦崇宏、SBクリエイティブ)がランクインした。著者がニッポン放送に出演したことが影響しているという。

前週60位から一気に10位にアップしたのが、『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)』(アダム グラント、三笠書房)だ。毎日安定して注文が集まっているという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT